トランシーノのジェネリック扱いとは

ジェネリック扱いのトランシーノについて

トランシーノは日本国内の場合、第一三共ヘルスケアが販売元となっています。

 

そのため、一般的に流通しているトランシーノはイコール第一三共ヘルスケア製が多いということになりますね。

 

でも、中にはそうでないものもあります。

 

それが、ジェネリック扱いのトランシーノです。

 

ジェネリックという言葉は最近よく使われるようになってきたので、ご存じの人も多いことでしょう。

 

ジェネリックには後発医薬品という意味があります。

 

後発医薬品とは、その薬を開発したメーカーが取得した特許が切れた後に、他メーカーが製造したものを指します。

 

もちろん製法・成分的にはもともとの医薬品を変わらないものがほとんどとなります。

 

しかも、正規品のトランシーノと比べて安価に入手できるので、最近はこうしたジェネリック品についてもかなり関心が高まっています。

 

ただし、まったく同じ製法・成分で製造されていても、その効果が同等なのかまでは保証されていませんので、その点だけは頭に入れておきましょう。

 

また海外製のジェネリック扱いのトランシーノの場合、主な有効成分であるトラネキサム酸の含有量が2倍など過多に配合されているものもあります。

 

トラネキサム酸はたしかに肝斑(かんぱん)を改善する成分として優れた効果を発揮します。

 

しかし、だからと言って含有量が多ければ多いほど良いというものではありません。

 

トラネキサム酸の含有量が多いことで、体に負担がかかり副作用の出現を見る可能性も大きくなってしまいます。

 

海外製の場合、もし何らかの副作用的な症状が出ても自己責任で対処しなくてはならない場合がほとんどです。

 

ジェネリック品を購入し、服用する際は各有効成分の含有量についてもしっかりチェックしておきましょう。

 

せっかく安く入手できたと思って服用したら、副作用に悩まされることになってしまったというのではシャレになりませんからね。

 

それでも、インターネット上などの口コミで高評価を得ているものであったら、購入して試してみるのも良いかもしれません。

 

その際も必要量以上の服用は避け、決められた用法・及び用量を守ってくださいね。

 

トランシーノ通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。