トランシーノを皮膚科でもらえるか

トランシーノを皮膚科で処方してもらうメリット

トランシーノの入手方法は、薬局やドラッグストアにて購入する方法だけではありません。

 

他にも皮膚科を受診して、肝斑(かんぱん)の診断を出してもらい、治療薬として処方してもらう方法もあります。

 

実は、この皮膚科でトランシーノを処方してもらうことには大きなメリットがあるんですね。

 

一般的にトランシーノを購入する場合は、当然ながら提示された価格で購入することになります。

 

正規品の場合は、安くなったとはいえ1カ月で4,000円程度になるなど、正直言って安くはありません。

 

正規品以外にも、ジェネリック扱いのトランシーノもあります。

 

この場合は、正規品よりも安く入手できます。

 

しかし、それよりもはるかに安くトランシーノを入手できるのが皮膚科で処方を受ける方法なんですね。

 

それはなぜかと言うと、皮膚科での処方は、正式な肝斑(かんぱん)の治療薬として扱われるからなんです。

 

治療薬に対しては、健康保険が適用されます。

 

つまり、私たちは健康保険を使って安い価格でトランシーノを入手できるのです。

 

実際にどのくらいの価格で入手できるかについては、みなさんがお持ちの健康保険の種類や内容にもよります。

 

でも、お勤めや自営業の方で自己負担率が3割ならば、同じくトランシーノも自己負担額3割程度の価格で入手できるということです。

 

仮に10割負担の場合で4,000円だったとしたら、単純計算でも3割負担なら1,200円程度ということになりますよね。

 

これは利用しない手はないと思いませんか?

 

実際はもっと安く手に入ったという話も耳にしますが、とにかく安く入手できるならそれに越したことはありませんよね。

 

残念ながら現在の日本では、美容目的でシミやソバカスを消したい場合、処方された薬に対して保険は適用されません。

 

あくまでも美容目的ではなく、病気の治療目的の場合のみ健康保険が適用されることになっているからです。

 

その点、トランシーノの場合は肝斑(かんぱん)の治療薬として認められているので、皮膚科にて健康保険適用にて処方できるのです。

 

皮膚科で診療を受けると、専門医の的確なアドバイスが得られるというメリットも同時に受けられます。

 

肝斑(かんぱん)に悩んでいてトランシーノを試してみたい方は、一度皮膚科を受診してみることをオススメしますよ。

 

トランシーノ通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。